瞑想の香り

みなさん、瞑想とか

自己ヒーリングとかされますか?


私はできるだけ

日課にするようにしています。



禅のように「無」になるのは

なかなか出来ないので、

私なりの方法でですが

自分と向き合う時間をつくっています。



瞑想の時に使うアロマと言えば

サンダルウッド、オリバナム、

ミルラ、パチュリ

などウッド系、樹脂系の香りや、

ローズ、ジャスミン、ナグチャンパ、

ロータスといった花系の香り…と

比較的、重めの香りが多いです。


確かに重い香りは深い深いところへ

導いてくれるのですが、

(個人的にはアガーウッドが好き)

香りが消えにくかったり、

価格的に高価だったりと

日常的に使いづらい香り

とも言えそうですね。



わたしは、瞑想にも

普段使いの精油を使用します。


ハウスキーピングや、

ホームケアで活躍する精油でも、

瞑想のお供にすれば

素晴らしい効果があります。


今日はそんな視点から

お勧めの香りのキーワードを

ピックアップしました。


【ゼラニウム】感受性・バランス

【ラベンダー】癒し・自己表現

【ティーツリー】自信・忍耐

【サイプレス】変容・再生

【ユーカリ】自由・解放


どれも馴染みがあり、

頭痛、せきどめ、鼻づまりなど

ホームケアでも使いやすい香りです。


ピンとくるキーワードがあれば

まず香りをかいでみてください。

そして、心地よさを感じれば

その香りの中で

自分と向き合う時間を

ぜひつくってみてください。

ピンとこないときは

どの香りが自分を助けてくれるのか

で選んでもよいでしょう。



瞑想と言えば、

つい深く潜る香りを選びたくなりますが、

雰囲気にとらわれず、いろんな香りを

試してみてほしいと思います。


香りが働きかける場所は

潜在意識領域、

本来の自分、

つまり

宇宙と繋がる場所

と、いわれています。


いろんな香りを使って

自分の中のいろんな宇宙を

旅してくださいね。



もし、

それでも何がいいかよくわからない。

そんなときは

サードメディスンチェック

を試してみてください。


今の自分に一番必要な香りを

見つけることが出来ます。

soulages

アロマセラピー スラージェ サードメディスンを軸に サロンワークの他 ご自宅や施設への訪問トリートメント、 ワークショップ、出張セミナー、 香りで本来の自分に還るための セルフケアレッスンなど 香りと共に心地よく生きるをテーマに さまざまな活動をおこなっています

0コメント

  • 1000 / 1000