注射が嫌いな息子がかわいい(親バカ記事)

注射が何より苦手なうちの子。


以前に比べて

体もずいぶん丈夫になり

そうそう熱も出さなくなったおかげで、

今では注射や点滴の

お世話になることも

すっかりなくなりました。



しかし、

いくら元気に過ごせていても

避けて通れない注射が

あるのですよね。


予防接種。

(予防接種には

いろいろな意見も聞きますが、

ここは受ける前提で)





「ねえねえ、今度注射しにいかなきゃなんだけど、来週いこうか。近所のF医院でいいよね?(明るい口調で)」



「えー、やだぁ。痛いからやだぁ。」



「意外と痛くないんじゃない?ほら、前も思ったより痛くなかったって言ってたし!(つとめて明るく)」



「やだ。注射は行かない。ぜったい行かない。(キッパリ)」



「でもさ、もし病気になったら、熱が出たり学校いけなかったり、また入院になっちゃったり、やだよね。それに、注射しとかないと遠くに旅行いけないんだよ。ほら旅行先で病気になったりしても困るしね。」



「…うーん、じゃあ、ももこ先生だったらいい。」

(ももこ先生は以前大きい病院に入院した時お世話になった、お気に入りの女医さん。)



「もう転勤しちゃっていないよ。会えないからってお手紙かいたじゃん。F先生でいいよね?」



「えー、じゃあ、メガネ先生がいい。うん、そうた!メガネくんにしよう、そうしよう!!」(その後、再び入院した時お世話になった、大好きな先生)



「その先生も転勤しちゃっていないの。知ってるよね?」



「えー!やだやだやだぁっ!メガネくんがいい!いないなら探せばいーじゃんかっ!」



「…ていうか、それ、わざと言ってるよね?」



「なんだよっ!じゃあもう注射しないーっ!!。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。」



「・・・ (´-ω-`;)ゞ」




普段ならここまで

聞き分け悪くはないんだけど、

ここんとこ、

このやりとりを

3日おきにやっている。(笑)



そんなに注射やなのかー

こまったなー




と、言いつつ、

子供のへんなわがままが

なんか面白くて笑えるのです。




しまねっこに変身!




soulages

アロマセラピー スラージェ サードメディスンを軸に サロンワークの他 ご自宅や施設への訪問トリートメント、 ワークショップ、出張セミナー、 香りで本来の自分に還るための セルフケアレッスンなど 香りと共に心地よく生きるをテーマに さまざまな活動をおこなっています

0コメント

  • 1000 / 1000