■介護アロマセラピー

介護をうける人にも 介護をする人にも 笑顔がうまれる毎日をつくる

医療機関や介護施設で導入が進んでいるアロマセラピー 

 ここ数年で、医療機関や介護施設でのアロマセラピーの導入が 急速に進んできました。 大学や様々な研究機関での発表が各メディアで取り上げられ、アロマセラピーに対する 社会からの関心は更に高まっています。 介護施設でも様々な問題への対策として アロマセラピーが求められています。


■他施設との差別化

 ひとりひとりの健康状態に応じた きめ細やかなサービスが求められる介護施設。 しかし多くは介護保険で運営されている為、行政の規制等により、どうしてもサービス内容が一律になってしまいがちです。 そんな中で他施設との差別化をはかるために介護アロマの導入を検討されることが多いようです。


■保険適応外の症状への対応を充実させたい

 施設利用者に多くみられる むくみ ・ 不眠 ・ 冷え といった保険適応外の症状は、放っておくと苦痛を伴うまでになることが多々ありますが、施設内で充分ケアできるほど時間も人手もとれないのが現実です。 こころのケアとともにアロマセラピーの得意分野にあたるこれらの症状への対応を、介護の現場で活用するのが介護アロマです。


■介護従事者のストレスと離職率

 また熟練したスタッフの不足も、介護施設では大きな問題のひとつです。長く勤めてもらえたならば経験も知識も豊かになり、施設にとっては何より大きな財産となります。しかし、介護職は多くの現場が人材不足で常に求人している為、働く側としてはよりよい待遇や環境を求めて転職しやすい職種だといえます。 現場にアロマを導入することでスタッフのストレスを軽減させることに繋がります。


介護施設においてのアロマセラピーの役割と効果





 

soulages

アロマセラピー スラージェ 島根県を中心に、サロンワークの他 ご自宅や施設への訪問トリートメント、 ワークショップ、出張セミナー、 香りで本来の自分に還るための セルフケアレッスンなど 香りと共に心地よく生きるをテーマに さまざまな活動をおこなっています

0コメント

  • 1000 / 1000